【カジノスロット】100回転チャレンジ「Cluster Tumble」実践&解説

宅スロ#171

こちらでは、オンラインスロット「ライブカジノハウス」にて、「Cluster Tumble」の実践をお届けします。

100回転チャレンジと称して、100回転まわします。
(今回は)1ベット10円です。

実践動画


以下、画像で紹介します。

Cluster Tumbleとは

Cluster Tumble 筐体

最大8×8リールのオンラインカジノスロットです。

機械割(RTP)

ポイント
ライブカジノハウスにて、機械割は発表されていませんでした。

BET額

ポイント
0.2$~50$となっています。

配当表

Cluster Tumble 配当表

最小単位は、×4からです。
最大は×40となります。

有効ライン

Cluster Tumble 有効ライン

ポイント
有効ラインはとくになく、
縦横に4つ以上揃えば配当です。

ゲーム内容

リール拡大システム

Cluster Tumble ストーンパネル

図柄が揃った周りの石が削れて、有効リールが拡大していくシステムです。
最大で8×8まで拡大していき、全部削れたらフリースピンゲットです。

WILD図柄

Cluster Tumble ワイルド図柄

すべての配当図柄の代わりになります。
数字がついている場合は、回数分有効となります。

スキャッター図柄

Cluster Tumble スキャッター図柄

ポイント
スキャッター図柄×3でフリースピン5回
フリースピン中は、スキャッター×1追加
マルチプライヤー(倍率アップ)もあり

その他・特殊図柄

Cluster Tumble 特殊図柄

別の配当図柄に、ランダムで変化して、大量獲得を狙います。

実践結果

Cluster Tumble 実践結果

実践後:153.98$
実践後:146.07$

約700円 負け (T_T)

感想

ポイント
最大で8×8というのは、ものすごい魅力なんですが、最初は有効リールがとても小さい
そのせいで、なにも起こらないことがほとんど、、、。

よほど、運良く連チャンしていき、有効リールを大きくしていくか、フリースピンをゲットしない限り、大勝ちは期待できない様子。
ゲーム性も、多くはないのでちょっと退屈気味の台でした。

ボーナス購入(BUY)があるので、はじめからそちらで、勝負したほうが楽しめる台かもしれません。

<ライブカジノハウス公式サイト↓>
ライブカジノハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。